レスベラトロールの健康増進への可能性

レスベラトロールは、ブドウの種や皮、落花生の薄皮に含まれている
ポリフェノールの一種です。

1939年に北海道帝国大学の高岡博士によって発見された、とても歴史の
ある物質なんですね。

このレスベラトロールの特徴は、なんと言っても強力な抗酸化作用です。

レスベラトロールの強力な抗酸化作用は、活性酸素を消す働きがあり、
生活習慣病やガンの予防効果があるとして、アメリカでも注目され
続けています。


また、動物実験も世界各国で行われており、その結果血液をサラサラに
する効果や、血糖値を下げる効果、放射線、放射能による被爆の
予防効果が報告されているようです。

放射能を浴びると、活性酸素が発生して細胞を傷つけられ、
様々な障害が出るとされているのですが、

レスベラトロールは、活性酸素を消す働きがあります。

よって、被爆を防ぐ効果が期待できるというわけです。

レスベラトロールは赤ワインなどにも含まれているのですが、

アルコールの取りすぎはあまりよくありません。

このため、健康を第一に考えるのであれば、サプリメントから
摂取するのが一番良いと言えます。

レスベラトロール配合のサプリメント「ハイブリットレスベラT」のご注文はこちら