期待されている再生医療

レスベラトロールや長寿遺伝子の研究は今、方々から注目を集めていますが、同じように長寿を実現するための医療として期待されているのが「再生医療」です。

再生医療は、老化した、あるいは損傷した臓器や組織を再生し、正常に働くことを目指す医療ですね。

再生医療は研究が進んでいる分その範囲が広く、第一段階としては私達の身体の組織にある幹細胞を利用するものになります。皮膚幹細胞や造血幹細胞など、限定された細胞にしか変化しないものが多く、実用化までのハードルが低いと言われています。実際に、骨髄移植や皮膚移植などは既に実用化レベルにあるそうです。

第二段階としては、胚性幹細胞を使う段階に進みます。ES細胞などの胚性幹細胞は多様な細胞に分化できるという性質ともっており、体性幹細胞よりも幅広い利用が可能になります。しかしながら、狙った細胞に分化させる誘導因子を見つける、効率的な増殖技術を開発するなど、クリアすべき課題は数多くあるようです。

さらにその後は、胚性幹細胞を一種類の細胞に分化させるのではなく、多様な細胞へと分化させ、組織や臓器をつくりあげるという段階になります。この段階に到達できれば、慢性的なドナー不足に悩まされている臓器移植の分野において、画期的な革命がもたらされる可能性が出てきます。

しかし、このような段階に到達するためには、たくさんの問題点が残っているのも現状ではあります。その代表的な問題の1つに、拒絶反応があります。本人以外のES細胞から組織に成長させて患者に移植してしまうと、臓器移植と同じく拒絶反応が出てきます。

こんな状況の中で新たに注目を集めているのが、京都大学教授の山中博士のグループが発表したiPS細胞です。iPS細胞は、受精卵を利用するES細胞とは違って、体細胞を利用するため、倫理的な問題を回避しやすいです。患者本人の細胞を利用して作成できるというメリットもあります。iPS細胞は、今後の再生医療の分野でのキーワードになってくることは、間違いないかもしれません。

ハイブリッドレスベラTの通販・購入 TOPページに戻る

スポンサードリンク